• 印刷する

英に熱波、8月の3連休として過去最高気温

英国で8月のバンクホリデー(祝日)の3連休に熱波が到来し、同時期の過去最高気温を更新した。連休中日の25日はロンドン西部ヒースローで33.3度、最終日の26日は同所で午後4時(現地時間)までに32.9度を観測。公共放送BBCの天気予報は、この日も33度まで上昇する可能性を指摘している。

バンクホリデー最終日は、主にイングランド南東部で高温に達した。その他の地域は好天だが比較的涼しい気候となり、ウェールズのカーディフでは最高気温24度程度、スコットランドのエディンバラで23度、英領北アイルランドのベルファストで20度が予想されている。

ロンドン救急サービスは、毎年この時期にロンドン西部の路上で繰り広げられる「ノッティングヒル・カーニバル」の来場者に対し、十分な水分補給や日焼け止めクリームの塗布、なるべく日陰にとどまるなどの熱中症対策を促した。

7月には北アフリカからの熱波により、英国やドイツ、フランス、オランダなど各地で、軒並み記録を塗り替える猛暑となった。英国ではケンブリッジで気温が38.7度と史上最高に達し、2003年8月にケント州で観測された38.5度を上回った。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン