プルデンシャル、星で積立基金負担引き上げ

英保険大手プルデンシャルのシンガポール法人は、日本の厚生年金に相当する中央積立基金(CPF)のうち、56歳以上の従業員の会社負担率を13%以下から17%に引き上げる。従業員の老後に向けた資産運用の機会を増やすのが狙い。 個人負担率を、55歳以下の20%と同水準に引き上げ…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 金融雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

英国とEU、離脱条件で合意 英議会の通過が再び焦点に(10/18)

小売売上高、9月は横ばい(10/18)

ユニリーバ、第3四半期は2.9%増収(10/18)

書籍販売WHスミス、通期は1%増益(10/18)

英ドミノピザ、欧州4カ国から撤退(10/18)

携帯O2、国内6市町で5Gサービス開始(10/18)

欧州委、香港社のグリーン・キング買収承認(10/18)

英・EUの離脱交渉大詰め 国境問題でなお意見不一致か(10/17)

ワイヤーカード、FTの不正疑惑報道を否定(10/17)

インフレ率、9月は横ばいの1.7%(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン