貿易摩擦と合意なき離脱で曇る製造業の先行き <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第14回

ユーロ圏の2019年4~6月期の実質域内総生産(GDP)成長率は前期比年率0.8%となり、前期から鈍化した。新興国向け輸出の広範な減速など製造業の生産減少が背景にある。今のところ、米中向け輸出が底堅いことに加えて個人消費を巡る環境が良好である点が救いだが、米中通商摩擦…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第44回 乳児死亡率と死因(08/22)

ジョンソン首相、メルケル独首相と協議(08/22)

政府、対EU取引の登録番号を自動付与(08/22)

英国、9月以降のEUの会合は原則欠席へ(08/22)

英首相、EUにバックストップ廃止を要請(08/21)

ユーロ圏建設業生産、6月は横ばい(08/21)

コンテ伊首相が辞意表明 大統領、新連立模索か議会解散か(08/21)

JALとANA、燃油サーチャージ値下げ(08/21)

合意なき離脱ならヒトの自由移動終了=政府(08/21)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン