貿易摩擦と合意なき離脱で曇る製造業の先行き <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第14回

ユーロ圏の2019年4~6月期の実質域内総生産(GDP)成長率は前期比年率0.8%となり、前期から鈍化した。新興国向け輸出の広範な減速など製造業の生産減少が背景にある。今のところ、米中向け輸出が底堅いことに加えて個人消費を巡る環境が良好である点が救いだが、米中通商摩擦…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第291回:カラシニコフ 銃だけじゃない(10/23)

下院、3日間の審議日程否決 離脱協定法案が第2読会通過も(10/23)

欧州委、来年度予算巡り仏伊に説明求める(10/23)

第一三共、欧州で白血病治療薬の承認非推奨(10/23)

EU、台湾と5G提携の2期計画を始動へ(10/23)

仏農家、政府の農業政策に反発し抗議活動(10/23)

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

EU、西バルカン2国の加盟交渉を見送り(10/22)

ドラギECB総裁、24日の理事会最後に退任(10/22)

EUデータ当局、米MSとの契約に懸念表明(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン