鉄鋼MMK、上半期は22.6%減益

ロシアの鉄鋼大手マグニトゴルスク(Magnitogorsk、MMK)は1日、上半期(1~6月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が9億3,700万ドルとなり、前年同期比22.6%減少したと明らかにした。鉄鋼製品の世界的な価格低迷を背景に生産量が縮小したことが響いたほか、原…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ノルドストリーム、ガス指令巡る訴えが棄却(05/22)

ロシア経済、第1四半期は1.6%拡大(05/21)

コロナ感染のミシュスチン露首相、公務復帰(05/20)

ロスネフチ、第1四半期は赤字転落(05/19)

ヤンデックス、自動配達ロボの商業運用開始(05/18)

ロシア、国内航空業界に234億ルーブル支援(05/15)

ロシア新車販売、4月は72.4%減少(05/14)

カマズ、北極圏で自動運転トラックをテスト(05/14)

EBRD、対象地域の成長率予想を引き下げ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン