東洋紡、仏政府機関と太陽電池材料の研究

東洋紡は7月31日、次世代の太陽電池として注目が集まる有機薄膜太陽電池(OPV)用発電材料の開発加速に向けて、仏原子力・代替エネルギー庁(CEA)と共同研究を開始したと発表した。OPVの普及がいち早く見込まれている欧州での展開を視野に入れた取り組みで、早期実用化…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府、ブロックチェーン戦略を承認(09/19)

エアバス、世界の航空機需要を上方修正(09/19)

エーグル・アズール、裁判所が清算開始(09/18)

仏、スーダン新政権に6千万ユーロ支援(09/18)

ハンファトタル、韓国工場で生産設備を増設(09/18)

蘇寧、中国のカルフール店内で家電販売へ(09/18)

米国人女性、泳いで英仏海峡を連続2往復(09/18)

家計からの税収、来年度は90億ユーロ減少か(09/17)

ダッソー、EV開発で印社と提携(09/17)

EDFとセントリカ、英原発の権益売却へ(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン