東洋紡、仏政府機関と太陽電池材料の研究

東洋紡は7月31日、次世代の太陽電池として注目が集まる有機薄膜太陽電池(OPV)用発電材料の開発加速に向けて、仏原子力・代替エネルギー庁(CEA)と共同研究を開始したと発表した。OPVの普及がいち早く見込まれている欧州での展開を視野に入れた取り組みで、早期実用化…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏ナティクシス、コファス株29.5%を売却へ(02/26)

製造業景況感、2月は改善(02/26)

日通、パリ経由モロッコ向け貨物輸送を開始(02/26)

仏大統領、農業見本市で農漁業保護を約束(02/25)

フィヨン仏元首相、架空雇用巡る公判迫る(02/25)

HSBC、伊同業トップが次期CEO候補に(02/24)

パリ空港公団、印同業の株式49%を取得(02/24)

仏で南京虫が復活、政府が予防対策を開始(02/24)

エアバス、欧州で2千人超を整理へ(02/21)

ルノー、不正な資金使用巡り検察が本格捜査(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン