食品ネスレ、上半期は14.6%減益

食品で世界最大手のネスレ(スイス)は26日、上半期(1~6月)の純利益が49億7,200万スイスフラン(50億3,300万ドル)となり、前年同期比14.6%減少したと発表した。1年前は、伊製菓大手フェレロへの米国製菓事業売却に絡む特別益が計上されており、その反動が大きい。 売上高…

関連国・地域: スイス
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

NEC、スイス社と個別化がんワクチン開発(11/13)

レゴ、バンコク東郊に認定ストア2号店(11/13)

香料ジボダン、米同業アンゲラーを買収(11/12)

ノバルティス、南ア社の日本事業を取得(11/12)

リシュモン、上半期は61%減益(11/11)

ノバルティスとエイサー、疾病発見にAI(11/11)

ABB、川重主導の豪水素事業で受注(11/07)

シンドラー、ホーチミンで新工場が稼働(11/04)

スイスと中国、時計業界会議を開催(11/04)

大日本住友製薬、ロイバントと正式提携(11/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン