小売りカジノ、上半期は21%減益

仏小売大手カジノ・グループは26日、上半期(1~6月)の営業利益が3億4,700万ユーロとなり、前年同期比20.7%減少したと発表したと発表した。足元のフランスでの法人税増税などが響いた。これを受け、同社は通期と2020年度の中間配当を見送る方針を示した。これにより、来年末ま…

関連国・地域: フランス
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、通期の業績見通しを下方修正(10/21)

エアバス、ルーマニア工場の建設中止(10/21)

仏下院、経営者の租税逃れ防止措置を可決(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

仏宝くじ公社、IPOに向け当局に登録届出(10/21)

カルフール、台湾・桃園に物流拠点を新設へ(10/21)

最も美しい都市ランキング、パリが首位(10/21)

チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲(10/18)

エア・リキード、製鉄時の炭素再利用に協力(10/18)

ダノン、飲料水の容器をペットからアルミに(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン