伊政府、中国社反発で介入権強化法案撤回も

イタリア政府は、「ゴールデン・パワー」と呼ばれる民間企業への政府介入権を強化する法案を撤回するもようだ。第5世代(5G)移動通信網構築への参加を目指す中国社の意向を踏まえた措置とみられる。政府関係者の話を元に、ロイター通信が18日伝えた。 政府は先に、欧州連合(…

関連国・地域: イタリアアジア米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

マッタレッラ大統領、主要政党と協議開始(08/22)

伊検察当局、難民83人の上陸を許可(08/22)

コンテ伊首相が辞意表明 大統領、新連立模索か議会解散か(08/21)

プラダ、香港旗艦店を来年閉鎖へ(08/21)

スリー、ロンドンの一部で5Gサービス開始(08/21)

五つ星運動、同盟との関係修復不可能に(08/20)

伊内相、未成年の難民27人の上陸を許可(08/20)

独などEU6カ国、救助船の難民受け入れへ(08/19)

市民所得の受給世帯、7割は「不適格」(08/16)

伊上院、内閣不信任案の採決を見送り(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン