• 印刷する

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷

欧州委員会は10日発表した夏季経済見通しで、今年のユーロ圏の実質域内総生産(GDP)が前年比1.2%拡大するとの見方を示した。前回5月時点の春季予測から変わっていない。内需には力強い回復が見られるものの、輸出は低迷が続いていると指摘している。

欧州委は、貿易関係の緊張の高まりと、それに伴う見通しの不透明さが、すでに低迷していた世界経済をさらに押し下げ、特に製造業に響くと予想。これに伴い、来年の成長率見通しを前回の見通しから0.1ポイント引き下げ、1.4%とした。

英国を除くEU加盟27カ国のGDPは、2019年の見通しは1.4%で維持する一方、2020年は1.6%へと0.1ポイント下方修正。EU加盟28カ国のGDPは、前回の予測通り今年は1.4%増、来年は1.6%増を見込む。

ユーロ圏のインフレ率については、今年も来年も1.3%にとどまると予想。春季予測からそれぞれ0.1ポイント引き下げた。EU28カ国では今年は1.5%、来年は1.6%と、こちらも共に0.1ポイント下方修正している。

今年のGDP成長率予測を国別に見ると、ドイツとフランスは前回と同じでそれぞれ0.5%、1.3%の伸びを見込む。イタリアも前回と変わらず0.1%増。スペインは2.3%増と、0.2ポイント上方修正された。オランダは前回と同じく1.6%の成長が見込まれている。ユーロ圏外の英国は今年と来年ともに1.3%と、前回から変わっていない。

欧州委のピエール・モスコビシ経済・財務・税制・関税担当委員は「見通しに内在する多くのリスクを考慮し、各国およびユーロ圏全体の回復力の一段の強化に向けた取り組みを加速する必要がある」とコメント。これを受け、欧州中央銀行(ECB)が7月の金融政策委員会でさらなる緩和策を打ち出す可能性もあるとみられている。[EU規制]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペインオランダ
関連業種: その他製造金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ危機対応におけるECBの役割 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第21回(07/03)

ベルギー、非EU市民の入国を7日まで禁止(07/03)

ユーロ圏失業率、5月は7.4%に悪化(07/03)

ユーロ圏生産者物価、5月は5%低下(07/03)

欧州委、レムデシビル確保に向け米社と協議(07/03)

金融市場の交渉まとまらず EU首席交渉官、英提案を拒否(07/02)

【ウイークリー統計】第66回 ICT人材は各国で不足気味(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン