仏・イラン、核合意の交渉再開の条件模索へ

フランスのマクロン大統領は6日、イランのロウハニ大統領と電話会談を行い、7月15日までに核合意を巡る対話の再開に向けた条件を探ることで合意した。これに向け、全ての当事者と協議を続けるとしている。 マクロン大統領はこの日の電話会談で、「核合意がさらに弱体化するリス…

関連国・地域: フランス米国中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

パリ郊外の軽食店で従業員が撃たれて死亡(08/20)

エアバス、中国民間ヘリ運用数3年で1.5倍(08/19)

インフレ率、7月は1.1%に減速=改定値(08/16)

失業率、第2四半期は過去10年半で最低(08/15)

シュタインホフ、仏事業で雇用削減検討(08/15)

プジョー、マレーシアで現地生産SUV販売(08/15)

バンシ、豪ホバート空港の買収に関心(08/14)

PSAと東風汽車の合弁、レイオフを計画か(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン