独裁判所、宗教理由のヘルメット非着用却下

ドイツ東部ライプチヒの連邦行政裁判所は4日、ターバンの着用を義務付けられているシーク教徒の男性が二輪車乗車時のヘルメット着用義務は信教の自由を侵害すると訴えていた問題で、同男性の訴えを却下した。ヘルメットの着用はバイクに乗る本人だけでなく他のドライバーなどを守…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ボルト、タリンで食事配達サービスを開始(08/22)

ドイツポスト、アマゾンの生鮮食品配達終了(08/22)

ジョンソン首相、メルケル独首相と協議(08/22)

メルセデス、商用車ポートフォリオ見直しへ(08/22)

ポルシェ、イスラエル新興企業に出資(08/22)

ヘンケル、独墺の3D印刷の研究開発に参画(08/22)

ボッシュ、車載ディスプレー3D化構想公表(08/22)

VW、印マヒンドラが配送センター管理へ(08/22)

電力RWE、越社にデジタル技術発注へ(08/22)

憲法裁、家賃規制法の違憲性を否定(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン