仏議会、2050年の排出量ゼロ達成へ法案可決

フランス議会は27日、2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標を定めた新法を可決した。欧州では英国でもこの日に、同様の目標を定めた法案が立法化されている。 フランスの法案では、2030年までの化石燃料の削減目標を現在の30%から40%に引き上げた。これ…

関連国・地域: 英国フランスEU
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エールフランスが買収断念 破綻したエーグル・アズール巡り(09/20)

墺議会、EUとメルコスールのFTAを拒否(09/20)

伊仏首脳、EUの新移民受け入れ策で合意(09/20)

欧州EV電池同盟、仏に試験工場開設へ(09/20)

EDF、ストの影響で発電量8%減少(09/20)

シンガポール、ミシュラン三つ星が2軒に(09/20)

仏の電動水上タクシー、来春サービス開始も(09/20)

政府、ブロックチェーン戦略を承認(09/19)

エアバス、世界の航空機需要を上方修正(09/19)

エーグル・アズール、裁判所が清算開始(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン