• 印刷する

6月は横ばいの1.2% ユーロ圏インフレ率速報値

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは6月28日、6月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(CPI、速報値)が前年同月比1.2%上昇したと発表した。伸びは5月から横ばいで、市場予想通りだった。

6月はエネルギーが1.6%上昇し、伸びは前月の3.8%から減速。食品・アルコール飲料・たばことサービスも共に1.6%値上がりした。エネルギーを除く工業製品は0.2%伸びている。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は1.1%と、前月から0.3ポイント加速した。

欧州中央銀行(ECB)は先の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置くことを決めた。中銀預入金利もマイナス0.4%で維持。物価の伸び悩みを背景に、政策金利を少なくとも2020年6月末まで現行水準に保つとしている。同行は併せて公表した四半期ごとの内部経済予測で、ユーロ圏の今年のインフレ率見通しを1.3%と前回から0.1ポイント引き上げた。2020年は1.4%、2021年は1.6%に加速するとみる。


関連国・地域: EU
関連業種: 食品・飲料その他製造金融天然資源電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

蘭北部でEU最大の水素プロジェクト <連載コラム・エネルギーTODAY>第34回(08/16)

野党連合での暫定政権を提案 労働党党首、合意なき離脱阻止へ(08/16)

英領ジブラルタル、イランのタンカー解放(08/16)

鉄鋼輸入制限は「効果あり」 欧州委、導入後1年の調査発表(08/16)

ハモンド前財相、首相を批判 「合意なき離脱は国民裏切る」(08/15)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 独はマイナス成長=第2四半期(08/15)

ユーロ圏鉱工業生産、6月は1.6%減少(08/15)

EUの対中FDI、1~7月は18.3%増加(08/15)

EUとのFTA交渉、豪が産地名リスト発表(08/15)

エアアジア、バンコク―欧州路線を開設へ(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン