ポーランド、若者の課税所得額を引き上げへ

ポーランドの与党・法と正義(PiS)は25日、26歳未満の労働者を対象に、課税される所得金額を年間8万5,528ズロチ(2万2,885ドル)以上へと大幅に引き上げる税制案を承認した。若年労働者の国外流出を防ぐ狙いで、秋の総選挙を見据えた動きともみられている。ロイター通信など…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、司法改革巡りポーランド政府を提訴(10/14)

ポーランドの失業率、9月は過去30年で最低(10/09)

ポーランド与党、愛国主義で基盤強化狙う(10/09)

EU、ポーランドの鉄道改良に9億ユーロ(10/08)

ポーランド新車登録台数、9月は29.3%増加(10/07)

ポーランド中銀、政策金利を据え置き(10/07)

ワールプール、ウッジ工場に1億ズロチ投資(10/01)

コメルツ銀、経営陣が新事業戦略を承認(09/30)

ポーランド、新たな炭鉱開発に意欲(09/26)

PSA、ポーランド旧工場でレイオフか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン