• 印刷する

EU閣僚理事会、越との自由貿易協定を承認

欧州連合(EU)は25日開いた閣僚理事会で、ベトナムとの自由貿易協定(FTA)および投資保護協定(IPA)の締結を承認した。30日にベトナムの首都ハノイで調印式が行われる見通し。FTAが締結されれば、向こう10年で両国間の関税の99%が撤廃される。

欧州委員会とベトナムは、2015年12月にFTA・IPAの最終文書で合意しており、3年半をかけてようやく加盟各国の合意が得られた格好となる。EU側は30日の調印に先立ち、欧州議会の承認を得る必要があるが、一部の議員はベトナムの人権問題を理由にこれらの協定に反対している。

ベトナムは現在、EUからの輸入品に高関税を課しており、その税率は自動車では78%、ワインでは50%に上るが、FTAの締結によりこれらが最終的にほぼ撤廃される。ベトナムはコメやニンニク、砂糖などの農産物について、EUへの輸出枠を確保する一方、公共調達市場や郵便、金融、海運などのサービス市場を開放する。EUはこれにより、ベトナムへの輸出が29%、輸入が18%拡大すると見込んでいる。

EUがアジアの開発途上国とFTAを結ぶのは、今回が初めて。また、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国とのFTA締結は、シンガポールに続き2カ国目となる。EUはこれを機に、ASEAN加盟各国と貿易協定を結ぶ方針で、既にインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイと交渉を開始している。[EU規制]


関連国・地域: EUアジア
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料農林・水産金融運輸サービスマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第165回 娯楽のオンライン化、欧州で加速(05/30)

ジョージア、「外国の代理人」法案が成立へ(05/30)

欧州中銀、6月6日の利下げ濃厚=調査(05/30)

仏シュナイダー、ハンガリーにスマート工場(05/30)

EU理事会、ネットゼロ産業法案を採択(05/30)

オリンパス、超音波診断装置を欧州で販売(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

欧州経営者、過半数が欧中関係悪化を予想(05/30)

EU、メタン排出規制法を承認=2030年から(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン