• 印刷する

クリーンエネルギー、化石燃料上回る見通し

英送電大手ナショナル・グリッドは21日、英国の総発電量に占めるクリーンエネルギーの比率が、2019年に初めて化石燃料を上回るとの見通しを示した。

同社によると今年1~5月には、風力と太陽光、原子力、水力、エネルギー貯蔵を含めたゼロ排出のクリーンエネルギーの総発電量に占める比率が47.9%となり、石炭およびガス火力の46.6%を上回った。10年前の2009年には通年でそれぞれ22.8%、75.6%と、化石燃料が大半を占めていた。

クリーンエネルギーのシェア拡大の背景には、風力発電施設の設置が相次いでいることがある。今年1~5月には風力発電量が全体に占める比率が18.8%となり、10年前の1.3%から飛躍的に上昇。一方、石炭火力の比率は30.4%から2.5%へと激減した。

英国では今年5月17日から過去最長の連続2週間にわたり、石炭火力を一切使用しない、いわゆる「コールフリー(coal-free)」が達成されていた。

また、英政府は先に世界の主要先進国に先駆け、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を打ち出したばかり。この目標の達成には、国内の石炭火力発電所を2025年までに閉鎖する計画の実現が不可欠となっている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英国車、日本製部品使用ならEUが関税も(10/02)

EU、英国に法的措置開始 国内市場法案巡り「義務違反」(10/02)

ロールス・ロイス、最大50億ポンド調達へ(10/02)

三菱地所、英国で賃貸住宅の開発事業に参画(10/02)

大企業、サプライヤーに支払い遅延で罰金も(10/02)

G4S、カナダ同業の買収提案を再び拒否(10/02)

イングランドでプラ製ストローなど禁止(10/02)

英下院、国内市場法案を可決 EUは法的措置も辞さない構え(10/01)

GDP、19.8%減に上方修正 落ち込み幅はなお過去最大(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン