• 印刷する

ユーロ圏共通予算骨子で合意 財源や予算規模で協議継続

欧州連合(EU)は13日開いた財務相理事会で、ユーロ圏共通予算の大まかな骨子について合意した。マクロン仏大統領が強く求めていた共通予算がようやく実現する格好だが、一部加盟国の反対もあり、財源や予算の規模については合意がまとまらず、今後も協議が続けられることになった。

この日の財務相理事会は14日未明まで続き、ユーロ圏共通予算の大まかな使途を各国の構造改革やユーロ圏諸国の集約に向けた公共投資とすることで合意がまとまった。マクロン大統領は、共通予算によって債務危機に陥った国の経済立て直しに向けた投資を行うことを目指していたが、こうした使途は含まれていない。また、予算規模については年後半に、2021~2027年を対象とする次期EU予算の編成に向けた加盟各国間の交渉で決める。財源についても、EU予算内のみで賄うのかユーロ圏諸国に拠出を求めるのかで合意に至らなかった。

ユーロ圏共通予算の構想は、債務危機を受けて浮上したもの。昨年11月にドイツのショルツ財務相とフランスのルメール経済財務相が枠組み案を公表し、12月にはユーロ圏19カ国が共通予算の創設で正式に合意していた。ただ、オランダやアイルランドなど一部の国はかねて共通予算の必要性に懐疑的な姿勢を示しており、今後の予算規模の交渉が難航する可能性もある。ブルームバーグによると、EU関係者の間には、2021~2027年のユーロ圏共通予算の規模が最終的に当初の提案を大きく下回る200億ユーロ程度に落ち着くとの見方もある。[EU規制]


関連国・地域: ドイツフランスEUアイルランドオランダ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ジョージア、「外国の代理人」法案が成立へ(05/30)

【ウイークリー統計】第165回 娯楽のオンライン化、欧州で加速(05/30)

欧州中銀、6月6日の利下げ濃厚=調査(05/30)

仏シュナイダー、ハンガリーにスマート工場(05/30)

EU理事会、ネットゼロ産業法案を採択(05/30)

オリンパス、超音波診断装置を欧州で販売(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

欧州経営者、過半数が欧中関係悪化を予想(05/30)

EU、メタン排出規制法を承認=2030年から(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン