マクロン改革の新施策公表 年金や失業給付制度を改善へ

フランスのフィリップ首相は、国民議会(下院)で演説し、高所得者の失業手当の削減や公的年金受給開始年齢である62歳を超えて働く人への優遇策などの措置を導入すると明らかにした。これらをマクロン政権の改革第2幕と位置づけ、2022年までのマクロン大統領の任期中に社会的正義…

関連国・地域: フランスEU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、欧州で2千人超を整理へ(02/21)

ルノー、不正な資金使用巡り検察が本格捜査(02/21)

フェッセンアイム原発、22日に廃炉作業開始(02/21)

エールフランスKLM、通期は30.6%減益(02/21)

日本製鉄、仏鋼管バローレックに追加出資(02/21)

トタルとPTTEP、オマーンでガス開発へ(02/21)

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

造船ネイバル、豪地場企業の能力不足を懸念(02/20)

EU、2030年までに廃棄物量を半減へ(02/20)

コメルツ銀、エムバンク売却を棚上げも(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン