マクロン改革の新施策公表 年金や失業給付制度を改善へ

フランスのフィリップ首相は、国民議会(下院)で演説し、高所得者の失業手当の削減や公的年金受給開始年齢である62歳を超えて働く人への優遇策などの措置を導入すると明らかにした。これらをマクロン政権の改革第2幕と位置づけ、2022年までのマクロン大統領の任期中に社会的正義…

関連国・地域: フランスEU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

小売りカジノ、20億ユーロの資産を追加売却(08/21)

EDF、エジプトで太陽光発電所の運転開始(08/21)

ルノー、印で「トライバー」の予約開始(08/21)

ルーヴル美術館、今秋から完全予約制に(08/21)

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

パリ郊外の軽食店で従業員が撃たれて死亡(08/20)

エアバス、中国民間ヘリ運用数3年で1.5倍(08/19)

インフレ率、7月は1.1%に減速=改定値(08/16)

失業率、第2四半期は過去10年半で最低(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン