• 印刷する

VW、デジタル化に大型投資 事務職を最大4千人整理も

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は5日、「VW」ブランドと自動車部品の開発・製造部門VWコンポーネンツのデジタル化に向け、2023年までに最大40億ユーロを投資すると発表した。これに伴い、IT(情報技術)関連スタッフ2,000人超を新たに雇用する一方、事務職で最大4,000人を整理する計画だ。

VWは人員整理の一環として、1962~64年生まれの従業員を対象に自主退職を募る。一方、VWザクセンの従業員に関しては、2029年までの雇用を保証することで事業所委員会と合意している。また、従業員研修に6,000万ユーロを追加投資し、総額1億6,000万ユーロとする方針だ。

「VW」ブランドのラルフ・ブラントシュテッター最高執行責任者(COO)は「VWはデジタル時代に適した企業となるための持続可能な基盤を構築している」とデジタル変革の意義を説明している。

VWは3月、電気自動車(EV)への移行と生産性向上を目指す計画の一環として、「VW」ブランドで2023年までに最大7,000人を整理する方針を示していたが、今回の決定はこれを大きく下回った格好だ。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独3党の連立交渉が本格化へ 緑の党とFDP、党会合で承認(10/19)

CDUラシェット党首、西部州首相を辞任へ(10/19)

水電解槽サンファイア、1億ユーロ超を調達(10/19)

シーメンス、LDA事業の分社化検討(10/19)

商船三井、船舶用主機関の発注で独社と協定(10/19)

アウディ、タイで輸入コストが急上昇(10/19)

メルク、韓国電子分野に6億ユーロ投資へ(10/19)

ドイツ3党、正式な連立交渉へ 政権発足に向けて予備的合意(10/18)

VWの世界販売、9月は32.9%減少(10/18)

再生エネ賦課金、来年は43%引き下げ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン