• 印刷する

VW、デジタル化に大型投資 事務職を最大4千人整理も

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は5日、「VW」ブランドと自動車部品の開発・製造部門VWコンポーネンツのデジタル化に向け、2023年までに最大40億ユーロを投資すると発表した。これに伴い、IT(情報技術)関連スタッフ2,000人超を新たに雇用する一方、事務職で最大4,000人を整理する計画だ。

VWは人員整理の一環として、1962~64年生まれの従業員を対象に自主退職を募る。一方、VWザクセンの従業員に関しては、2029年までの雇用を保証することで事業所委員会と合意している。また、従業員研修に6,000万ユーロを追加投資し、総額1億6,000万ユーロとする方針だ。

「VW」ブランドのラルフ・ブラントシュテッター最高執行責任者(COO)は「VWはデジタル時代に適した企業となるための持続可能な基盤を構築している」とデジタル変革の意義を説明している。

VWは3月、電気自動車(EV)への移行と生産性向上を目指す計画の一環として、「VW」ブランドで2023年までに最大7,000人を整理する方針を示していたが、今回の決定はこれを大きく下回った格好だ。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独眼鏡フィールマン、スロベニア同業を買収(08/16)

「VW」乗用車販売、7月は3.3%減少(08/16)

エーオン、米テキサス州で風力発電所建設へ(08/16)

SGLカーボン、CEOが辞任=業績不振で(08/16)

メディアのコンスタンティン、上場取り消し(08/16)

肥料K+S、第2四半期は96.3%増益(08/16)

コンチ、自動運転向けの車載カメラを開発(08/16)

ドイツの欠航数、年初から計1.4万便に(08/16)

電力RWE、上半期は5倍超に増益(08/15)

A・シュプリンガー、第2四半期は3%減益(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン