• 印刷する

A・シュプリンガーに投資も 米KKRと株式売却に向け協議

独出版大手アクセル・シュプリンガーは29日、米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と、戦略的な投資に関する協議を進めていることを明らかにした。これによりKKRは、アクセル・シュプリンガーの一部株式に対して株式公開買い付け(TOB)を実施する可能性がある。

アクセル・シュプリンガーによると、マティアス・デップナー最高経営責任者(CEO)と、創業者の未亡人で過半数株主のフリーデ・シュプリンガー氏は既に、KKRとコンソーシアムを形成する方向で一致。KKRに対して、コンソーシアムを通じて、残り株に対するTOBを実施することを認めている。ただ、両氏の保有株は売却しない方針だ。

実現すると、KKRはコンソーシアムを通じて、アクセル・シュプリンガーに資金を注入。同社の企業価値を高めるための長期成長戦略を後押しする格好となる。

なお、アクセル・シュプリンガーは今回、KKRによる戦略投資のほかに、組織改変の可能性にも言及。ただ、これに当たっては、法務や税務、財務上の実現可能性を精査する必要があるとしている。

ブルームバーグは先に、同社はKKRと手を組み、上場を廃止する方針と報じていた。[M&A]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 金融メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】自動車・暖房燃料の炭素価格引き上げ(03/01)

材料不足、紅海の影響じわり 独製造業=鉄道ストが追い打ち(03/01)

化粧品バイヤスドルフ、通期は3%減益(03/01)

三菱鉛筆、筆記具ラミーを子会社化(03/01)

鉄鋼ティッセン、高炉と圧延工場の閉鎖計画(03/01)

太陽光発電エンビリア、米投資会社が出資(03/01)

EUの難民申請件数、7年ぶりの高水準に(03/01)

与党FDP、電力ユニパー株の早期売却提案(03/01)

シュコダ、印で新モデル=小型SUV生産へ(02/29)

CO2貯留、連立与党が批判 経済相案=ガス発電の排出容認で(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン