イラン、核合意一部停止へ=欧州に保護要求

イランのロウハニ大統領は8日、国営テレビの演説で核合意の履行を一部停止すると発表した。昨年5月に米国が核合意を離脱したことへの報復措置で、他の締結国が米国による制裁からイラン産業を保護しなければウラン濃縮を再開する方針も明らかにした。ロイター通信などが伝えた。…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUロシアアジア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融運輸天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

EU、西バルカン2国の加盟交渉を見送り(10/22)

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

ドラギECB総裁、24日の理事会最後に退任(10/22)

EUデータ当局、米MSとの契約に懸念表明(10/22)

英政府、離脱広告から10月31日の期限を削除(10/22)

EU離脱協定案の採決見送り 英下院、修正動議を僅差で可決(10/21)

【今週の主な予定】10月21~25日(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

中国東方航空、英仏蘭4社と中―欧共同事業(10/21)

最も美しい都市ランキング、パリが首位(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン