• 印刷する

シーメンス、5%減益 電力・ガス部門をスピンオフへ

独総合電機大手シーメンスは8日、第2四半期(1~3月)の純利益が19億2,300万ユーロとなり、前年同期比5%減少したと発表した。なお同社は7日の監査役会で、電力・ガス部門のスピンオフ(事業の分離・独立)を決定した。

売上高は4%増の209億3,600万ユーロ。プロセス&ドライブ部門が10%拡大したほか、スピンオフ(事業の分離・独立)したヘルスケア部門「ヘルシニアーズ(Healthneers)」は9%、風力発電・再生可能エネルギーの新会社シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジーは7%それぞれ拡大した。建築技術部門は5%伸び、デジタルファクトリー部門は4%増加。エネルギー管理部門は2%増えた。一方、電力・ガス部門は4%減少。鉄道などを手掛けるモビリティー部門は横ばいだった。

受注高は全体で236億700万ユーロと6%増加。モビリティー部門で大型受注を獲得したほか、ヘルシニアーズ、エネルギー管理部門、建築技術部門で受注が増加し、シーメンスガメサの大幅減少を補った。

産業向け事業の利益は7%増の24億600万ユーロ。うち電力・ガス部門は38%拡大した。産業向け事業の利益率は11.4%と、0.3ポイント上昇した。

シーメンスは2019年度について、売上高がわずかに増加し、産業向け事業の利益率が11~12%になるとの見通しを維持している。

■2020年9月までの上場目指す

シーメンスは7日、監査役会が全会一致で電力・ガス部門のスピンオフを承認したと公表した。事業再編計画「ビジョン2020+」の次のステップで、2020年9月までの上場を目指している。同社はこれに伴い、保有するシーメンスガメサの株式59%を電力・ガス部門分離後の新会社に譲渡するほか、電力・ガス部門の過半数株を放出する計画だが、新会社の後ろ盾としての立場は維持するとしている。

シーメンスの電力・ガス部門は、石油・ガスの採掘・生産のほか、ガスタービンや蒸気タービン、高圧送電システムなどの送電網技術を手掛ける。「ビジョン2020+」により、産業向け部門は「スマート・インフラストラクチャー(SI)部門」と「デジタル・インダストリーズ(DI)部門」を中核とする体制になる。同社は今回、SI部門で3,000人、DI部門で4,900人、企業管理職に従事する2,500人をそれぞれ整理すると発表。これらの効率改善策により、2023年までに22億ユーロのコスト削減が見込めるとしている。[M&A][労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電機医療・医薬品その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

バイエル、米の除草剤訴訟で賠償金が減額(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

ZEW景気期待指数、7月は悪化(07/17)

ドイツテレコム、動画見放題に違法判決(07/17)

照明機器オスラム、墺AMSが買収案を撤回(07/17)

VW世界販売、6月は1.6%増加(07/17)

ボッシュ、サプライチェーンをデジタル化へ(07/17)

BMW、星でアジア初の定額利用サービス(07/17)

シーメンス、独東部工場に官民共同で新施設(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン