• 印刷する

上方修正も悪化圏=4月 ユーロ圏製造業PMI確定値

金融情報サービス会社IHSマークイットは2日、4月のユーロ圏製造業PMI(購買担当者景気指数、確定値)が47.9ポイントになったと発表した。速報値から0.1ポイント上方修正され、2013年4月以降で最低を記録した前月からは0.4ポイント上昇。ただ、景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントを引き続き下回った。

調査対象の8カ国のうち、オーストリアは49.2ポイントと過去49カ月で最低を記録し、分岐点を下回った。オランダは52ポイント、アイルランドは52.5ポイントと、それぞれ過去34カ月、過去30カ月で最も減速している。一方、スペインは51.8ポイントに上昇。ギリシャも56.6ポイントに上がり、過去19年近くで最も高い。イタリアは49.1ポイントと、過去4カ月で最高に達したものの、依然として悪化圏にとどまった。

ユーロ圏経済をけん引するドイツは44.4ポイント。速報値から0.1ポイント下がったものの、3月からは0.3ポイント上昇。新規受注は自動車産業の不振などにより輸出向けが落ち込み、全体の下げ幅は過去10年で最も大きな部類に入る。生産高は減速ペースがやや緩和したものの、過去6年半で2番目に速い。雇用も2カ月連続で縮小した。

フランスは50ポイントと分岐点に達し、速報値から0.4ポイント上方修正された。前月からは0.3ポイント上昇している。生産高は引き続き減少したが、落ち込み幅は3月より小さい。新規受注は2カ月連続で減ったが、こちらも減少ペースは和らいだ。雇用はわずかに加速しており、今年に入ってから拡大基調を維持している。

ユーロ圏製造業PMIのサブ指数を見ると、新規受注は過去75カ月で最低に落ち込んだ3月からは改善したものの、輸出向けの不振を背景に、落ち込み幅は依然として大きい。生産高も3カ月連続で縮小。一方、雇用は増加した。仕入れ価格の伸びはやや加速した半面、2017~2018年の平均値を下回っている。出荷価格の上昇幅は過去2年半近くで最も小さい。

IHSマークイットのクリス・ウィリアムソン首席ビジネス・エコノミストは今回の結果について、「ユーロ圏の製造業は低迷した状態のままで第2四半期(4~6月)をスタートした。PMIは9カ月ぶりに上昇したものの、過去6年で2番目に低い部類となっており、事業状況全体の不振を示している」と説明。回答企業は、貿易保護主義やブレグジット、自動車産業の低迷により苦戦しているほか、世界的な需要減退に懸念を示していると分析した。


関連国・地域: ドイツフランスEUアイルランドイタリアオーストリアギリシャスペインオランダ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

EU、英離脱後初の首脳会議 7カ年の中期予算を協議(02/21)

ハンガリー当局、ローミング料金の監視強化(02/21)

EU離脱実現で崖っぷちの英自動車業界 <連載コラム・自動車産業インサイト>第42回(02/21)

グーグル、英ユーザー個人情報を米管轄下に(02/21)

トルコ、欧州6カ国に観光ビザ免除(02/21)

LNG需要、2040年までに倍増=シェル予想(02/21)

オランダの事業設立企業、昨年は過去最高(02/20)

欧州委、AI白書を公表 規制と開発促進=米中に対抗(02/20)

英、ポイント制ビザ案を公表 低技能労働者の不足懸念も(02/20)

EU、2030年までに廃棄物量を半減へ(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン