• 印刷する

セインズベリー、7.8%増益 アーゴスとのシナジー効果で

スーパー英2位のセインズベリーは1日、2018/19年度(3月9日までの52週間)の税引き前利益(特別損益除く)が6億3,500万ポンドとなり、前期比7.8%増加したと発表した。4月に英競争・市場局(CMA)が却下した米ウォルマート傘下の英3位アズダの買収計画に絡み4,600万ポンドのコストを計上したものの、傘下のカタログ販売アーゴスとのシナジー効果で増収増益を実現した。

売上高(VAT含む)は2.1%増の324億1,200万ポンド。既存店ベース(ガソリン除く)では0.2%減少した。分野別では、食品のオンライン販売が6.9%伸び、コンビニエンスストアは3.7%拡大した。雑貨は横ばいで、衣料品はマイナスだった。

同社は当期にコンビニエンスストアを10店舗、スーパーを3店舗それぞれ新設した。期末時点の総店舗数はコンビニエンスストアが820店舗、スーパーが608店舗となっている。

アーゴスについては、90店舗をスーパー内に新設した。同社買収によるEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)へのシナジー効果は、当初の予定より9カ月早く、当期で目標の総額1億6,000万ポンドを達成した。

マイク・クープ最高経営責任者(CEO)は今年度について、400店舗超の改修とオンライン事業の技術改良に投資を続けると明らかにした。また、向こう3年で6億ポンド以上の負債圧縮を目指すとしている。[M&A]


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料繊維金融IT・通信天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン