石油トタル、第1四半期は4%減益

仏石油メジャーのトタルは26日、第1四半期(1~3月)の純利益(在庫評価変動の影響と特別要因除く)が27億5,900万ドルとなり、前年同期比4%減少したと発表した。生産量が過去最高水準に達したものの、原油価格の変動や負債絡みのコストが利益を圧迫した。 売上高は3%増の5…

関連国・地域: フランスデンマークロシアアジアアフリカ中南米
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏バンシ、ベオグラード空港の刷新工事開始(07/22)

PSA、マレーシア合弁が比に輸出開始(07/22)

眼鏡ルクソティカ、蘭同業と買収協議(07/19)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

金融監督当局、台湾とフィンテック協定締結(07/19)

G7、リブラへの懸念表明 金融システムに「深刻なリスク」(07/19)

ドルジ環境相、公費利用巡る批判受け辞任(07/18)

自動車ルノー、中国の江鈴汽車とEV合弁(07/18)

日揮、トタルのLNGプラントの設計受注(07/18)

仏議会、ノートルダム大聖堂の再建法案可決(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン