• 印刷する

仏大統領、中間層向けの所得減税を約束

マクロン仏大統領は25日、中間所得層以下を対象とした総額50億ユーロ規模の所得減税を行うと発表した。これに向け、公共支出を削減するほか、法の抜け穴をふさぎ企業からの徴税を徹底するとしている。3カ月にわたり参加してきた国内各地の集会での議論を踏まえた措置で、反政府デモ「黄色いベスト」運動に象徴される国民の不満を和らげる狙い。

同大統領は昨年11月に始まった反政府デモを受け、国民の声を聞くため1~3月に国内各地の集会に参加。これらの集会では税負担に対する国民の憤りが浮き彫りとなっていた。フランスでは税収が国内総生産(GDP)に占める割合が46.2%と世界で最も高く、公共支出の対GDP比は56.8%と世界で2位につける。

マクロン大統領はこの日、ゴールデンタイムにテレビ放映された大統領官邸での演説で、反政府デモは社会的不平等への怒りと不満のはけ口だったと認めた上で、富裕税撤廃など国民の不満を買った自らの政策は、富裕層優遇ではなく経済刺激が目的と説明。その上で、今回の減税により中間所得層に恩恵を施す一方で、会計検査院による企業の租税回避の調査を行うことを約束した。このほか、受給額が月額2,000ユーロ以下の年金をインフレに連動させることも約束した。

ロイター通信によると、ルメール経済財務相は今回の減税で中間所得層を中心に1,500万世帯が恩恵を受けるとみている。ダルマナン公会計相によると、富裕層を除く国民の税負担が来年から10%軽減される見通しだという。ルメール経済財務相は減税額と同一規模の支出削減を行う方針を示している。一方、年金引き上げにより政府支出は来年以降に14億ユーロ増える見通し。マクロン大統領は昨年12月にも反政府デモを受けた措置として、最低賃金引き上げなど100億ユーロ規模の譲歩策を打ち出しており、今回の措置はこれに追加で実施される。[雇用]


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏議会、差別懸念も「ヘルスパス」導入可決(05/14)

エールフランスなど、09年墜落事故巡り起訴(05/14)

エンジー、シンガポールで地域冷房受注(05/14)

エアバス、仏工場のA321生産計画を再開(05/13)

ルノー、EVバッテリー交換技術の導入検討(05/13)

仏ICU看護師、賃上げ求めスト=人手不足(05/13)

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

自動車部品販売PHE、パリ上場を計画(05/12)

仏枯葉剤裁判、原告の訴え棄却(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン