• 印刷する

ゴーン氏、会社法違反で東京地検が追起訴

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者が会社資金をオマーンの販売代理店に不正に支出したとされる事件で、東京地検特捜部は22日、会社法違反(特別背任)の罪で追起訴した。これで、4回目の起訴となる。一方、ゴーン氏の弁護団は東京地裁に保釈を要求している。BBC電子版などが伝えた。

ゴーン前会長は、2017年から2018年にかけて、日産の海外子会社からオマーンの販売代理店スハイル・バハワン・オートモービルズ(SBA)に計1,000万ドルを送金し、うち500万ドル相当を同氏が実質的に保有する口座に還流させたとされる。同容疑者が逮捕されたのは同件で4度目で、勾留から18日目での起訴となった。

日産はこの日、ゴーン前会長について、会社法違反で東京地検に刑事告訴したと公表。ゴーン前会長が自己の利益を得ることを目的に不正な支出を行ったことについて言及し、「会社として到底容認できるものではなく、厳重な処罰を求める」としている。

日産は先に、臨時株主総会を開催し、ゴーン前会長を取締役から解任する人事案を賛成多数で可決。併せて、ルノーのジャンドミニク・スナール会長の取締役就任も決定していた。[日本企業の動向][労務]


関連国・地域: フランスアジア中東
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏議会、差別懸念も「ヘルスパス」導入可決(05/14)

エールフランスなど、09年墜落事故巡り起訴(05/14)

エンジー、シンガポールで地域冷房受注(05/14)

エアバス、仏工場のA321生産計画を再開(05/13)

ルノー、EVバッテリー交換技術の導入検討(05/13)

仏ICU看護師、賃上げ求めスト=人手不足(05/13)

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

自動車部品販売PHE、パリ上場を計画(05/12)

仏枯葉剤裁判、原告の訴え棄却(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン