仏黄色いベスト運動、聖堂再建の寄付金批判

フランスの反政府デモ「黄色いベスト」運動が20日、パリをはじめ全国各地で再び展開された。23週目となった同日は、パリのノートルダム大聖堂の火災後初で、再建のために寄せられた多額の寄付金が批判の標的となった。ロイター通信などが伝えた。 この日の参加者はフランス全土…

関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ドルジ環境相、公費利用巡る批判受け辞任(07/18)

自動車ルノー、中国の江鈴汽車とEV合弁(07/18)

日揮、トタルのLNGプラントの設計受注(07/18)

仏議会、ノートルダム大聖堂の再建法案可決(07/18)

メルケル氏、モルドバ首相の歓迎式でも着席(07/18)

ルノー世界販売、6.7%減少 欧州以外が不振=上半期(07/17)

LVMH、ステラ・マッカートニーに出資(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

破綻の建設アスタルディ、同業サリニが買収(07/17)

NEC、仏で8K映像ライブ伝送を実証(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン