非EU出身者のドイツ流入数、昨年も2割増

ドイツ連邦統計庁は15日、就労のためにドイツへ流入した欧州連合(EU)域外出身者が、2018年末時点で26万6,000人となり、1年前から22.6%増加したと発表した。伸びは3年連続で20%超の水準を維持している。 ドイツ連邦統計庁は、外国人中央登録簿(AZR)に登録され、就労目…

関連国・地域: ドイツEUセルビアモンテネグロボスニアヘルツェゴビナアルバニア北マケドニアアジア米国欧州
関連業種: 建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新車登録台数、6月は32.3%減少(07/06)

BMW、独南部のEV工場に5億ユーロ投資(07/06)

ダイムラー、中国EV電池メーカーに出資(07/06)

ドイツ機械受注高、5月は28%減少(07/06)

化学メルク、韓国に半導体素材センター開設(07/06)

ドイツ、香港の自治権侵害を危惧(07/06)

VW、トルコ工場の建設中止 新型コロナ流行で自動車市場打撃(07/03)

ソフトバンク、ワイヤーカードと提携解消へ(07/03)

独車の米国販売、4社が軒並み不振(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン