• 印刷する

EU、米との貿易交渉開始へ 関税と適合性審査が焦点に

欧州連合(EU)加盟国は15日、米国と正式な貿易交渉を開始することを賛成多数で承認した。欧州委員会に米国との交渉権限を与えており、欧州委は工業製品の関税引き下げ、および製品のEU・米国基準の適合を証明しやすくする適合性審査の2点に集中して進める。

EUは今回、各国が欧州委に与えた権限から農産物を除外。農業国に配慮した形だが、採決ではフランスが反対したほか、ベルギーが棄権した。欧州委は工業製品の関税引き下げにより、2033年までにEUの対米輸出は8%、米国の対EU輸出は9%それぞれ拡大すると試算している。

EUと米国は2013年に貿易交渉を開始。たが、トランプ米政権の誕生により中止された。トランプ大統領は昨年、安全保障上の懸念を理由に鉄鋼・アルミニウムの輸入への高関税を導入し、これを自動車や自動車部品にも拡大することを示唆。これに対してEUは同年7月に米国と貿易障壁の軽減に取り組むことで合意し、自動車輸入に25%の高関税を課す可能性は回避されていた。

自動車・車部品の対米輸出においてEU全体の半分を占めるドイツは、米国との貿易交渉に最も積極的とされる。一方、フランスは自動車の高関税による影響が少ない上、マクロン仏大統領は地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」から離脱した米国とは交渉すべきではないと主張。気候変動について協議するよう求めているが、交渉対象にすることは厳しいと見られている。[EU規制]


関連国・地域: ドイツフランスEUベルギー米国
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

欧州議会、技術特許巡る新規則案を可決(02/29)

風力発電設備の新設、昨年は過去最高水準(02/29)

欧州グリーンディール、自然再生法で延命(02/29)

世界のLNG、中国・欧州向け増加=トタル(02/29)

日本車の対欧輸出、1月は三菱除き好調(02/29)

「自然再生法案」可決 欧州議会、域内の生態系回復へ(02/28)

ステランティス、エイバンスに50万台販売(02/28)

EU、ウクライナの復興基金設立へ(02/28)

EIB新総裁、原発・防衛へのシフト表明(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン