仏裁判所、独バイエルの賠償責任認める

仏南東部リヨンの控訴裁判所は11日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤「ラッソ(Lasso)」による健康被害を巡る裁判で、モンサントに原告男性への賠償責任があるとの判決を下した。BBC電子版が伝えた。 原告のポール・フランソワ氏は、仏南西部…

関連国・地域: ドイツフランス米国
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

独政府専用機またも緊急着陸=旅客便に影響(04/18)

防衛タレス、印カルヤニと兵器開発で提携(04/17)

カルフール、店内店舗で中国・国美と提携(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン