仏裁判所、独バイエルの賠償責任認める

仏南東部リヨンの控訴裁判所は11日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤「ラッソ(Lasso)」による健康被害を巡る裁判で、モンサントに原告男性への賠償責任があるとの判決を下した。BBC電子版が伝えた。 原告のポール・フランソワ氏は、仏南西部…

関連国・地域: ドイツフランス米国
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、欧州で2千人超を整理へ(02/21)

ルノー、不正な資金使用巡り検察が本格捜査(02/21)

フェッセンアイム原発、22日に廃炉作業開始(02/21)

エールフランスKLM、通期は30.6%減益(02/21)

日本製鉄、仏鋼管バローレックに追加出資(02/21)

トタルとPTTEP、オマーンでガス開発へ(02/21)

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

造船ネイバル、豪地場企業の能力不足を懸念(02/20)

EU、2030年までに廃棄物量を半減へ(02/20)

コメルツ銀、エムバンク売却を棚上げも(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン