仏裁判所、独バイエルの賠償責任認める

仏南東部リヨンの控訴裁判所は11日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤「ラッソ(Lasso)」による健康被害を巡る裁判で、モンサントに原告男性への賠償責任があるとの判決を下した。BBC電子版が伝えた。 原告のポール・フランソワ氏は、仏南西部…

関連国・地域: ドイツフランス米国
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、7カ国と「A400M」の契約改定(06/17)

FCA、エンジーなどとEV充電網で提携(06/17)

ユーロ圏共通予算骨子で合意 財源や予算規模で協議継続(06/17)

エア・リキード、蘭メディディスを買収(06/17)

インフレ率、5月は0.9%に減速=改定値(06/17)

仏サヴァンシア、ハンガリー工場拡張に投資(06/17)

アイリスオーヤマ、パリ南東郊の工場が竣工(06/17)

駐在員の生活費、欧州首位はチューリヒ(06/17)

VW世界販売、5月は3.6%減少(06/17)

石油トタル、リビアで事業免許更新に着手(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン