景気減速下の欧州で存在感増す中国 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第11回

欧州経済の低調な動きが続いている。2018年7~9月期以降のユーロ圏経済の失速は製造業で目立ち、国別では、ユーロ危機の最中も「独り勝ち」してきたドイツが、低競争力、過剰債務、不良債権などの重荷を背負うイタリアと共にブレーキ役となっている。(ニッセイ基礎研究所主席研…

関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアモンテネグロアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

AGC、欧米バイオ医薬品生産拠点を増強(11/12)

タイ、二輪車に「ユーロ4」義務付けへ(11/12)

【今週の主な予定】11月11~15日(11/11)

加盟9カ国、EU全体での航空税導入を要求(11/11)

マクロン仏大統領「NATOは脳死状態」(11/11)

欧州二輪車登録台数、1~9月は9.8%増加(11/11)

米主導のホルムズ有志連合、本格始動(11/11)

【欧州における日本企業の動向】10月1~31日(11/11)

【EU規制ウオッチング】10月1~31日(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン