景気減速下の欧州で存在感増す中国 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第11回

欧州経済の低調な動きが続いている。2018年7~9月期以降のユーロ圏経済の失速は製造業で目立ち、国別では、ユーロ危機の最中も「独り勝ち」してきたドイツが、低競争力、過剰債務、不良債権などの重荷を背負うイタリアと共にブレーキ役となっている。(ニッセイ基礎研究所主席研…

関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアモンテネグロアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

FCAとルノー、交渉再開は時間の問題 <連載コラム・自動車産業インサイト>第35回(06/21)

伊首相「EU財政規律による制裁は不当」(06/21)

スロベニア、国営アバンカをNKBMに売却(06/21)

党首選、最終候補2人決まる ジョンソン氏とハント氏が決戦へ(06/21)

EU首脳、要職人事など協議 欧州委員長はEPPから選出濃厚(06/21)

英中銀、政策金利を0.75%に据え置き(06/21)

アディダス、「3本線」の商標権巡り敗訴(06/21)

CBI製造業受注、6月は過去3年弱で最低(06/21)

ユーロ圏建設業生産、4月は0.8%減少(06/21)

塩野義、西同業と便秘症治療薬の販売契約(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン