• 印刷する

3月は51.3に低下 ユーロ圏総合PMI速報値

金融情報サービス会社IHSマークイットは22日、3月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、速報値)が51.3ポイントとなったと発表した。前月から0.6ポイント低下。景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントは69カ月連続で超えたものの、2014年11月以降で3番目に低い水準となった。

ユーロ圏の製造業PMIは47.6ポイントと、2月から大きく1.7ポイント低下。引き続き悪化圏にとどまり、2013年4月以降で最低に沈んだ。新規受注は、6カ月連続で減少し、2012年12月以降で落ち込みが最も加速。うち輸出向けは、2012年8月以降で最大の落ち込みを記録した。事業見通しは製造業で依然として低く、サービス業も2014年後半以降で最低の部類となっている。

製造業PMIの国別データを見ると、ドイツは44.7ポイントと大きく2.9ポイント低下。引き続き分岐点を下回り、過去79カ月で最低を記録した。フランスは1.7ポイント下がって49.8ポイントとなり、悪化圏に転じた。

ユーロ圏総合指数のうち、生産高は伸びがやや加速したものの、新規受注は横ばい。雇用ペースは減速した。仕入れ価格は、上昇幅が2016年10月以降で最も小さいものの、出荷価格は堅調に伸びている。

■サービス業は仏が悪化圏入り

ユーロ圏のサービス業PMIは52.7ポイントと、0.1ポイントわずかに低下。国別ではドイツが54.9ポイントで、前月を0.4ポイント下回った。フランスも48.7ポイントと1.5ポイント下がり、分岐点を下回った。

IHSマークイットのクリス・ウィリアムソン首席ビジネス・エコノミストは、第1四半期(1~3月)はユーロ圏経済が停滞した状態で終わり、成長ペースは2014年以降で最も低い部類になっていると指摘。製造業の不振をサービス業の伸びが相殺し、域内総生産(GDP)成長率は0.2%になると予想する。


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: その他製造サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EU、西バルカン2国の加盟交渉を見送り(10/22)

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

ドラギECB総裁、24日の理事会最後に退任(10/22)

EUデータ当局、米MSとの契約に懸念表明(10/22)

英政府、離脱広告から10月31日の期限を削除(10/22)

EU離脱協定案の採決見送り 英下院、修正動議を僅差で可決(10/21)

【今週の主な予定】10月21~25日(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

中国東方航空、英仏蘭4社と中―欧共同事業(10/21)

最も美しい都市ランキング、パリが首位(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン