• 印刷する

ルノー・日産・三菱連合、新運営体制を協議

ルノー・日産自動車・三菱自動車連合は、新たな意思決定機関の確立に向けた協議を行っている。連合結成の立役者だったカルロス・ゴーン被告の逮捕を受け、連合の運営体制を刷新する狙いとみられる。ルノーが11日、発表した。

ルノーは「さらなる協力に向けた新たな連合機関の確立について、日産自動車および三菱自動車と協議している」と発表。ただ、これは連合協定や資本の持ち合い構造に影響を及ぼすものではないとしている。

同連合は現在、オランダにルノー・日産および日産・三菱の2つ統括会社を置く。ブルームバーグによると、3社はこれらに代わる意思決定機関として新たに単一の「アライアンスボード」を設置する方針で、議長はルノーのジャンドミニク・スナール会長が務める見通しという。3社はこの計画について、12日に開かれる日産の取締役会で承認を得た上で、記者会見で発表するとみられている。[M&A][日本企業の動向]


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

米グーグル、仏新聞団体と著作権枠組み合意(01/22)

仏郵便ジオポスト、ブルガリア同業買収へ(01/22)

仏政府、スキー場リフトの2月再開を断念(01/22)

シュナイダー、UAE社とエネ分野で提携(01/22)

国際高速鉄道ユーロスター、経営破綻も(01/21)

仏の新型コロナ感染者、累計300万人に迫る(01/20)

魚介類載せたトラック、輸出遅延で抗議デモ(01/20)

パリの空港利用者数、2020年は69.4%減少(01/20)

スエズ、スペイン同業を完全子会社化(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン