ポーランド平均賃金、1月は7.5%上昇

ポーランド中央統計局(GUS)は19日、1月の民間部門の平均賃金が額面で4,931.8ズロチ(1,290ドル)となり、前年同月比7.5%上昇したと発表した。伸びは2018年12月の6.1%から加速した。 平均賃金は前月比では6.5%低下した。有給被用者数は636万8,400人で、1年前から2.9%増…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド小売売上高、4月は11.9%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

中欧4カ国、担当相らが高速鉄道の建設支援(05/23)

保険ゼネラリ、米同業の中欧資産取得で協議(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ポーランド鉱工業生産、4月は9.2%増加(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

ポーランド平均賃金、4月は7.1%上昇(05/22)

【欧州企業よもやま話】第280回:CCC アスリート魂で築いた靴王国(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン