建設スカンスカ、通期は20%減益

スウェーデンの建設大手スカンスカは8日、2018年12月期の純利益が39億2,900万クローナ(4億2,600万ドル)となり、前期比20%縮小したと発表した。米国でのプロジェクト2件で評価損を計上したほか、ポーランドで大規模な事業再編を行ったことなどが響いた。 売上高は6%増の1,…

関連国・地域: スウェーデンポーランド米国欧州
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スカニアとノビナ、来年に自動運転バス運行(02/22)

バリオ、バイオガス・ミルクローリー導入(02/21)

【ウイークリー統計】第31回 有機農場の割合と農薬の販売量(02/21)

イケア、3月にマレーシアで4店舗目を開業(02/21)

エリクソン、華為問題で5G網の遅れを警告(02/20)

ハンデルスバンケン、初の女性CEOを指名(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

高級車ボルボ・カーズ、印でPHV組み立て(02/18)

航空・防衛サーブ、第4四半期は67%増益(02/18)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン