建設スカンスカ、通期は20%減益

スウェーデンの建設大手スカンスカは8日、2018年12月期の純利益が39億2,900万クローナ(4億2,600万ドル)となり、前期比20%縮小したと発表した。米国でのプロジェクト2件で評価損を計上したほか、ポーランドで大規模な事業再編を行ったことなどが響いた。 売上高は6%増の1,…

関連国・地域: スウェーデンポーランド米国欧州
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ、タイに中古トラック販売部門を設置(08/23)

イケア、韓国での売上高が5千億ウォン超に(08/23)

スベンスカ、アフリカの油田権益を売却(08/22)

H&M、越で7店舗目を開業へ(08/19)

金融機関の顧客満足度、メトロバンクが首位(08/19)

スウェーデン、インドネごみ処理事業に関心(08/14)

ABB、新CEOにローゼングレン氏を指名(08/13)

後払い決済のクラーナ、4.6億ドル調達(08/08)

家具イケア、星で顧客情報が流出(08/07)

スウェーデンの都市、燃料増税で電力不足も(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン