重電ABB、第1四半期は13%減益

スイス・スウェーデン資本のエンジニアリング大手ABBは、第1四半期(1~3月)の純利益が9億500万ドルとなり、前年同期比13%減少したと発表した。中国からの受注減が全部門に響いたが、EBITA(利払い・税引き・償却前利益)は市場予想を上回った。 売上高は78億7,000…

関連国・地域: スウェーデンスイス
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

高級ブランドのリシュモン、CEO職復活(05/20)

武田、認知症薬でスイス社とライセンス契約(05/14)

ABB、ポーランドのモーター工場閉鎖へ(05/14)

独eVTOLリリウム、仏に新拠点設置(05/14)

スポーツブランドOn、香港に旗艦店(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン