金融インテーザ、通期は44.6%減益

イタリアの金融大手インテーザ・サンパオロは5日、2018年12月期の純利益が40億5,000万ユーロとなり、前期比44.6%減少したと発表した。1年前に約35億ユーロの公的資金注入を受けた反動が大きく、この影響を除くと実質6.1%の増益となる。 業務粗利益は2.3%増の178億7,500万ユー…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

保険ゼネラリ、米同業の中欧資産取得で協議(05/23)

伊アスタルディ、トルコのつり橋権益売却も(05/23)

チェコの乗用車生産、1~4月は1.1%減少(05/23)

サイペム、中東とノルウェーでEPC受注(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

外資4行、チェコの国家開発基金に拠出へ(05/22)

欧州議会選控え全国で親欧州デモ(05/21)

アドリア海横断ガス導管、9割弱が敷設完了(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン