金融インテーザ、通期は44.6%減益

イタリアの金融大手インテーザ・サンパオロは5日、2018年12月期の純利益が40億5,000万ユーロとなり、前期比44.6%減少したと発表した。1年前に約35億ユーロの公的資金注入を受けた反動が大きく、この影響を除くと実質6.1%の増益となる。 業務粗利益は2.3%増の178億7,500万ユー…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、アリタリア再建に1.6億ドル出資も(04/26)

石油エニ、第1四半期は1%増益(04/26)

小売りカルフール、第1四半期は2.7%増収(04/26)

華為、西バルカンのデジタル化ハブを開設へ(04/25)

伊連立政権、経済成長策を承認も亀裂深まる(04/25)

安倍首相、マクロン大統領とパリで会談(04/25)

エリオール、アレアスをPAIに売却へ(04/25)

センコー、伊国際フォワーディング社と提携(04/25)

マコファルマ、台湾社と販売ライセンス契約(04/25)

【欧州企業よもやま話】第278回:ペンハリガン トルコ式浴場から生まれた香水(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン