金融インテーザ、通期は44.6%減益

イタリアの金融大手インテーザ・サンパオロは5日、2018年12月期の純利益が40億5,000万ユーロとなり、前期比44.6%減少したと発表した。1年前に約35億ユーロの公的資金注入を受けた反動が大きく、この影響を除くと実質6.1%の増益となる。 業務粗利益は2.3%増の178億7,500万ユー…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

イタリア新車登録台数、6月は23.1%減少(07/03)

イタリア失業率、5月は7.8%に悪化(07/03)

エニ、エジプト沖でガス鉱床発見(07/03)

ナポリで10億ユーロ相当の覚醒剤押収(07/03)

伊政府、アリタリア航空の新会長を指名(07/01)

伊イベコ中国合弁、独ZFと電動化で提携(07/01)

保険ゼネラリ、カトリカの株式24.4%取得(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン