ポーランド南西部ミルスクで狂牛病確認

国際獣疫事務局(OIE)は4日、ポーランド南西部ミルスク(Mirsk)でBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)の症例が確認されたと発表した。国内では2013年3月以来となる。 罹患(りかん)が確認されたのは1頭のみで、該当の牛は殺処分されている。 OIEによると、今回の例は非定…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランドのインフレ率、6月は2.6%(07/16)

ポーランド新車登録台数、6月は2.8%減少(07/09)

化学チェヒ、北中部のソーダ工場拡張へ(07/09)

華為、ポーランドで30億ズロチ投資も(07/09)

ポーランドの失業率、6月は過去28年で最低(07/08)

金融ソジェン、英PB部門の売却を検討か(07/08)

PKNオーレン、アンゴラ産原油の調達拡大(07/05)

ポーランドで新児童手当が申請開始(07/04)

ドイツ港湾大手が物流拠点 ベラルーシの中国団地に(07/04)

ベルリン、ソラリスに電気バスを追加発注(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン