製薬ロシュ、通期は23%増益

スイスの製薬大手ロシュ・ホールディングは1月31日、2018年12月通期の純利益が108億6,500万スイスフラン(109億600万ドル)となり、前年比23%増加したと発表した。1年前は、不振の特発性肺線維症(IPF)治療薬「エスブリエット(Esbriet)」などを減損処理しており、この反動…

関連国・地域: スイスアジア米国欧州
関連業種: 医療・医薬品化学金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大型客船、ノルウェー沖でエンジン停止(03/26)

日立造船、英でごみ焼却発電プラント建設へ(03/26)

欧州各地でEUの新著作権法への抗議デモ(03/26)

物流DKSH、越医薬品ビンファと戦略提携(03/25)

ポーランド人の2割が技術進歩での失業懸念(03/25)

スイスのバーゼルで男児刺殺、75歳の女逮捕(03/25)

ネスレ、インドネで低糖食品など販売強化へ(03/22)

スイスの時計輸出、2月は3.4%拡大(03/21)

生活費の高い都市ランキング、パリが首位に(03/20)

ロシュ、印で糖尿病治療拠点を共同設置(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン