H&M、第4四半期は11%減益

ファストファッションで世界2位のヘネス&マウリッツ(H&M、スウェーデン)は1月31日、第4四半期(2018年9~11月)の純利益が35億4,300万クローナ(3億9,100万ドル)となり、前年同期比11%減少したと発表した。新たな物流システムへの移行過程で生じた問題などを巡り、約…

関連国・地域: スウェーデンアフリカ中南米
関連業種: 繊維運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スポティファイ、アップル巡り欧州委に苦情(03/15)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第32回 自動車のブランド価値脅かす新潮流(03/15)

VW、商用車部門のIPO見送り(03/15)

EU、デジタル課税を見送り 仏伊などは単独で導入試みか(03/14)

住友商事、北欧最大手の駐車場事業を買収(03/14)

スウェーデンの武器輸出、5年で62%減少(03/13)

特許申請件数、シーメンスが首位に返り咲き(03/13)

タイ工業省、12社と「ユーロ5」に適合表明(03/13)

ブルガリアの新ガス導管、3グループが応札(03/11)

独ザランド、ポーランド北部に物流拠点開設(03/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン