• 印刷する

カルフール、中南米で堅調 第4四半期は1.9%増収

小売りで世界2位の仏カルフールは22日、第4四半期(2018年10~12月)の売上高が226億3,800万ユーロとなり、既存店ベース(稼働日数調整済み、ガソリン除く)で前年同期比1.9%増加したと発表した。反政府デモの「黄色いベスト」運動の影響で足元フランスの売り上げは落ち込んだものの、ブラジルの堅調な伸びが相殺した。

地域別に見ると、フランスは実質0.1%減少。うちハイパーマーケットは2.2%縮小した一方、スーパーマーケットは1.9%拡大している。コンビニエンスストアなど小型店舗は3.1%増えた。

フランスを除く欧州は1.7%減収。イタリアとベルギーはそれぞれ4.6%、3.1%落ち込み、スペインは1.4%のマイナスだった。半面、ルーマニアは3.2%増加し、ポーランドは2.1%伸びている。中南米は12.9%拡大し、うちブラジルは6.2%、アルゼンチンは大きく39%増えた。アジアは中国が6.2%減らし、全体では4.1%縮小した。

2018年通期のグループの売上高は前期比で実質1.4%増の851億6,400万ユーロ。12月末時点の総店舗数は1万2,111店舗で、3カ月前から132店舗の純増だった。

カルフールは、通期のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が、恒常為替レートベースで前年比4%増の19億3,000万ユーロほどになるとの見通しを示した。また、昨年1月に発表した2022年までの経営改革計画を継続するとし、2020年までに年間20億ユーロのコスト削減と5億ユーロ規模の不動産売却を目指すほか、2022年のオンライン食品販売とオーガニック製品の売り上げ目標を共に50億ユーロに設定している。


関連国・地域: フランスベルギーイタリアスペインポーランドルーマニアアジア中南米欧州
関連業種: 食品・飲料建設・不動産IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏上院選、共和党が第1党維持の見通し(09/29)

クレディ・アグリコル、サウジ行の株売却か(09/29)

PSA、中国・東風集団から自社株買い戻し(09/29)

再生エネのエレン、中国社と合弁設立へ(09/29)

英保険アビバ、仏事業売却で複数社と協議か(09/28)

全仏オープン、上限人数を1千人に引き下げ(09/28)

仏シャルリー・エブド旧本社近くで刺傷事件(09/28)

仏東部でスカート理由に女性殴られる(09/28)

製薬ロシュ、15分の検査キットを欧州で展開(09/25)

仏アルストム、ルーマニアで線路改修受注(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン