• 印刷する

IMF、成長率予測引き下げ ユーロ圏は1.6%に減速か

国際通貨基金(IMF)は21日に発表した世界経済見通しで、ユーロ圏19カ国の今年の域内総生産(GDP)が前年比1.6%増にとどまるとの見方を示した。昨年10月時点の前回予測から0.3ポイント下方修正している。一方、英国の成長率見通しは1.5%に据え置いたものの、同国の欧州連合(EU)離脱の行方により大きく左右される可能性があるとしている。

IMFは、ユーロ圏経済の伸びは昨年の1.8%(推計値)から今年は1.6%に減速すると予想。2020年は1.7%の成長を見込む。

ユーロ圏主要国の今年の成長率予測を見ると、ドイツは前回から0.6ポイントと大きく引き下げ1.3%とした。個人消費や外需の減退と、新排ガス規制の導入による自動車生産の伸び悩みが原因としている。フランスは、反政府デモやストの影響から0.1ポイント下方修正し、1.5%にとどまると予想。イタリアについては、内需の不振や資金調達コストの高止まりを背景に、0.4ポイント引き下げ0.6%とした。スペインの見通しは前回と同じ2.2%とした。

英国の2019年の成長率見通しについては、EU離脱の見通しがなお不透明な一方、今年度予算で経済刺激策が打ち出されたことから、1.5%に据え置いた。ただ、これはEUとの合意がまとまり、移行期間が設定されることを前提としている。

ロシア経済の成長率は、今年は1.6%、来年は1.7%にとどまると予想。前回からそれぞれ0.2ポイント、0.1ポイント引き下げた。

世界経済の今年と来年の成長率見通しは3.5%、3.6%とし、それぞれ0.2ポイント、0.1ポイント下方修正した。ドイツやイタリアの不振に加え、金融市場の弱気やトルコの不振が原因としている。IMFは、見通しは下振れリスクの方が大きいと指摘。リスク要因としては、貿易を巡る緊張の高まりをはじめ、英国の合意なきEU離脱、中国経済の予想以上の不振を挙げている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペイントルコロシアアジア
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU14カ国、新たな移民受け入れ案で合意(07/24)

ジョンソン氏が保守党党首に 次期首相への就任決まる(07/24)

BA、安全上の懸念でカイロ便を7日間停止(07/23)

クロアチア議会、改造内閣を承認(07/23)

EU加盟国、5Gリスク巡る影響評価を完了(07/23)

中国、日欧などのステンレスに不当廉売措置(07/23)

IAEAの天野事務局長が死去(07/23)

英下院、合意なき離脱阻止に向けた案を可決(07/22)

伊連立与党、欧州委員長人事巡り崩壊の危機(07/22)

【今週の主な予定】7月22~26日(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン