ポーランドの失業率、12月は5.9%に悪化

ポーランドの家族・労働・社会政策省は8日、2018年12月の失業率が5.9%となったと発表した。前月から0.2ポイント悪化している。 12月末時点の失業者数は97万1,309人で、前月から2万760人増えた。 地域別では、16県中14県で失業率が悪化。最も高かったのは北部ワルミア・マズー…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

与党、最低賃金の大幅引き上げを公約(09/20)

ポーランド鉱工業生産、8月は1.3%減少(09/20)

ポーランド平均賃金、8月は6.8%上昇(09/20)

ポーランドの貿易収支、1~7月は赤字縮小(09/18)

EU、ポーランドのインフラ刷新に補助金(09/16)

ポーランドのインフレ率、8月は2.9%(09/16)

ポーランド中銀、政策金利をまたも据え置き(09/13)

欧州司法裁、ロシアの独ガス導管利用を制限(09/12)

ポーランドの失業率、過去28年で最低維持(09/11)

ポーランド新車登録台数、8月は15.2%減少(09/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン