<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第9回 第2幕に入るフランスのマクロン政権

2018年に欧州で起きたさまざまな出来事の中で、筆者にとって最も印象的だったのは、フランスのマクロン大統領が、「黄色ベスト」運動の拡大の直接的な引き金となった燃料税の引き上げ撤回と最低賃金引き上げなどの所得対策による対応を余儀なくされたことだ。2019年に最も注目すべ…

関連国・地域: ドイツフランスEU欧州
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、500億ユーロの企業支援策へ(07/06)

【今週の主な予定】7月6~10日(07/06)

6月は48.5に大きく回復 ユーロ圏総合PMI確定値(07/06)

欧州委、レムデシビルを条件付き承認(07/06)

ドイツ、香港の自治権侵害を危惧(07/06)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

越とのFTA、8月1日に発効=欧州委(07/06)

ベルギー、非EU市民の入国を7日まで禁止(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン