<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第9回 第2幕に入るフランスのマクロン政権

2018年に欧州で起きたさまざまな出来事の中で、筆者にとって最も印象的だったのは、フランスのマクロン大統領が、「黄色ベスト」運動の拡大の直接的な引き金となった燃料税の引き上げ撤回と最低賃金引き上げなどの所得対策による対応を余儀なくされたことだ。2019年に最も注目すべ…

関連国・地域: ドイツフランスEU欧州
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

AGC、欧米バイオ医薬品生産拠点を増強(11/12)

タイ、二輪車に「ユーロ4」義務付けへ(11/12)

【今週の主な予定】11月11~15日(11/11)

加盟9カ国、EU全体での航空税導入を要求(11/11)

マクロン仏大統領「NATOは脳死状態」(11/11)

欧州二輪車登録台数、1~9月は9.8%増加(11/11)

米主導のホルムズ有志連合、本格始動(11/11)

【欧州における日本企業の動向】10月1~31日(11/11)

【EU規制ウオッチング】10月1~31日(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン