ルノー、ルーマニアで新エンジン生産開始

仏自動車大手ルノーが、ルーマニアにある子会社ダチアの工場で新型ガソリンエンジン「IG―T100」の生産を開始した。同国での新エンジンの生産は7年ぶり。ルーマニア・インサイダーが7日伝えた。 同エンジンは直列3気筒で、排気量は1リットル。5,000回転/分時の出力は74キロ…

関連国・地域: フランスルーマニアアジア欧州
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

台湾社、ウクライナで関節腔注射剤を販売へ(01/23)

ユーロ圏、財政赤字が拡大 対GDP比0.5%=EU上限内に(01/23)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

ネスレ、ルーマニア西部の工場閉鎖へ(01/14)

チェコ新車登録台数、12月は26.6%減少(01/09)

ルノー、ルーマニアで新エンジン生産開始(01/09)

ウィズエアー、昨年の乗客数は19.6%増(01/07)

仏新車登録台数、12月は14.5%減少(01/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン