• 印刷する

ユーロ圏インフレ率、12月は1.6%に減速

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは4日、2018年12月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(CPI、速報値)が前年同月比1.6%上昇したと発表した。伸びは11月の1.9%から減速し、過去8カ月で最低水準となった。欧州中央銀行(ECB)は先に昨年末での量的緩和政策の終了を確認した際、向こう数カ月のインフレ率が減速するとの見通しを示していた。

12月はエネルギーが5.5%上昇したものの、前月の9.1%から大きく減速。食品・アルコール飲料・たばこは1.8%値上がりした。サービスは1.3%、エネルギーを除く工業製品は0.4%それぞれ伸びている。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は1%と、前月から横ばいだった。

ECBは昨年12月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置くことを決めた。中銀預入金利もマイナス0.4%で維持。量的緩和策については、当初の予定通り2018年12月末で国債などの新規購入を終了した。ただし満期を迎える債券については全額を再投資に回し、これを政策金利の引き上げが始まる時期以降も当面は続けるとした。同行は引き続き、インフレ率を目標とする「2%をわずかに下回る水準」に据え置いている。


関連国・地域: EU
関連業種: 食品・飲料その他製造金融天然資源電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EUや英国など、ベラルーシ当局者に制裁(06/23)

フランスなどでナイトクラブ再開の動き進む(06/23)

欧州当局、公共の場でのAI顔認識禁止要求(06/23)

エシロールルクソティカ、買収計画を見直し(06/23)

仏石油トタル、ステランティスと提携延長(06/23)

豊田自動織機、欧州産業車両事業を再エネ化(06/23)

タイ観光、欧米から7月予約が7千人弱に(06/23)

EU革新性ランキング、首位はスウェーデン(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン