• 印刷する

英国の発電量、過去最低に=再生エネは増加

英国の2018年の発電量が前年比1.2%減の3,350億キロワット時となり、1994年以降で最低水準に落ち込んでいたことが、気候変動情報サイトのカーボン・ブリーフが3日公表したリポートで明らかになった。ただ、このうち再生可能エネルギー由来の発電量は過去最高記録を更新している。

カーボン・ブリーフは政府や業界団体のデータに基づき、昨年の発電量を分析。その結果、英国では人口が増えているにもかかわらず総発電量が減っており、人口1人当たりの電力消費量が減少していることが分かった。その背景には、電気製品のエネルギー効率規制の導入や、発光ダイオード(LED)などの省エネ型照明の普及、消費者の環境意識の高まりに加え、エネルギー集約型産業の海外移転といった経済の再編があるとしている。

昨年の発電量を電源別に見ると、最も多いガス火力発電は1,320億キロワット時と、前年から3.5%減った。原子力発電も7.1%減の650億キロワット時。一方、風力発電は16%増と力強く伸びて580億キロワット時に達している。バイオマス発電も360億ワット時と、12.5%伸びている。一方、石炭火力発電は26.1%落ち込み、170億キロワット時にとどまった。太陽光発電は8.3%増の130億キロワット時だった。

再生可能エネルギーが全体に占める比率は33%と、2017年の29%からさらに拡大。これに原子力を合わせた低炭素の発電量は全体の53%に達した。一方、化石燃料由来の発電量の比率は46%と過去最低に落ち込んでいる。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電機天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

BAE、仕入先を大幅見直し 戦闘機への先端技術導入を促進(07/14)

アズダ、最高裁で賃金格差訴訟の審理開始(07/14)

STC、ボーダフォン・エジプト株取得延期(07/14)

NTTデータ、全英オープンをAIで支援(07/14)

英、入国後の自主隔離を撤廃 観光・航空業界の回復後押し(07/13)

チェコのEPH、英領北アの発電所を刷新(07/13)

イングランド、25日からジムやプール再開(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

英政府の新道路計画、EV排出削減量を相殺(07/13)

HSBC、ベトナムで再生プラ工場に融資(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン