• 印刷する

EU、2019年度予算案で暫定合意

欧州議会と欧州連合(EU)加盟28カ国は、2019年度のEU予算案で暫定的に合意した。歳出規模は支払いベースで1,482億ユーロと、2018年度から2.4%増加している。

歳出は、契約ベースでは1,658億ユーロと今年度から3.2%拡大。このうち最も大きな部分を占めるのは農業補助金で596億ユーロ。また、加盟国間の格差解消と低所得国の支援を目的とする結束基金にも572億ユーロを費やす。研究開発(R&D)支援プログラム「ホライズン2020」の予算は123億ユーロと、今年度から10%増加。EUの人材育成・交流プログラム「エラスムス計画」は20%増やし、28億ユーロとした。

治安維持に向けては、難民・移民の手続きや社会統合に向けた基金に今年度の1.5倍以上の11億ユーロを費やすほか、域内安全保障に5億3,350万ユーロを充てる。また、トルコとの取り決めに基づき、同国内の難民支援に14億5,000万ユーロを拠出する。一方、トルコで人権問題や大統領の強権化が進んでいることを受け、同国に対するEU加盟候補国向けの補助は、今年度から1億4,670万ユーロ減らす。

予算案は、EU閣僚理事会での承認と、欧州議会の予算委員会および本会議での可決を経て成立する見通し。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン