• 印刷する

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス

欧州自動車工業会(ACEA)は15日、10月の欧州連合(EU、マルタ除く27カ国)の新車登録台数が108万3,612台となり、前年同月比7.3%減少したと発表した。9月の23.5%減から落ち込みが緩和したものの、EUで新たに導入された「乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)」の影響で、引き続き主要5カ国は軒並みマイナスに沈んだ。

主要5カ国では、ドイツとイタリアが共に7.4%縮小。スペインは6.6%減少し、英国は2.9%下がった。フランスは1.5%減っている。EUに欧州自由貿易連合(EFTA)3カ国を加えた30カ国全体では111万8,859台と、1年前を7.4%下回った。

30カ国をメーカー別に見ると、欧州最大手の独フォルクスワーゲン(VW)は21.6%縮小し、「VW」ブランドに限ると15.2%下がった。グループの市場シェアは1年前の24.7%から20.9%に低下した。

仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)の販売台数は1.2%減少。仏ルノーは14.6%減った。伊フィアット・ クライスラー・オートモービルズ(FCA)は13.3%、米フォードは0.9%のマイナスとなった。

高級車は独BMWと独ダイムラーがそれぞれ13.6%、7.6%拡大し、印タタ・モーターズ傘下の英ジャガー・ランドローバー(JLR)も15.5%伸びた。

日本車は日産自動車が26.2%減り、ホンダは5.8%減少。トヨタ自動車(レクサス含む)は4.7%増加した。韓国勢は現代自動車が4.7%落ち込んだ半面、傘下の起亜は4.5%増えた。

1~10月の累計登録台数は30カ国全体で1,342万4,360台と、1年前を1.4%上回っている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペインアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本車の対欧輸出、12月は日産除き不振(01/31)

ユーロ圏景況感、1月は改善(01/31)

トタルとエニ、レバノンでのガス開発へ協定(01/31)

トルコ、2月にガスサミットを開催(01/31)

EUとタイ、FTA交渉再開で合意(01/31)

<編集長's View>ショルツを侮るなかれ(01/30)

【今週の主な予定】1月30日~2月3日(01/30)

欧州委、ブルガリアとスロバキアを提訴(01/30)

スイス社、ガス導管TAPの権益5%売却(01/30)

【クルマの新時代】「飽和」迎えた欧州の自動車市場 ソフト更新が持続的収入の要に(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン